【オーストラリア】イースターって何?【復活祭】

オーストラリア

こんにちは、しーたけです。

本日は、オーストラリアでは「イースターサタデー(復活祭)Easter Saturday祝日ですが、実際イースターって何なのかを調べてみました。

※オーストラリアでは、この記事を書いている4月20日(土)を含む、4月19日(金)~22日(月)がイースター休日です。年により異なります(後述)

スポンサーリンク

イースター(復活祭)って一体何?

結論から言うと、「キリストが処刑されて、復活したことを祝う日」です。

十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目に復活したことを記念・記憶する、キリスト教において最も重要な祭

ウィキペディア

 

日本ではキリスト教徒が少なく、あまり馴染みが無いかもしれません。僕自身もキリスト教徒では無い為、日本に居た時は全く知りませんでした…

オーストラリアは国全体が祝日になるほど、キリスト教が信仰されているわけです。

 

毎年日付が変わる「移動祝日」

実は、このイースターですが、その年により日付が変わる「移動祝日」という位置づけです。

日本での移動祝日は以下の通りで、ハッピーマンデー制度により、月曜日が祝日となります。

 

一方、イースターも移動祝日とお伝えしましたね。このイースターの日付の決め方が少しユニークです。

春分の日の後の最初の満月の次の日曜日

が、イースターの日付です。ユニークじゃないですか?笑

2019年の春分の日は3月21日、そこから数えて最初の満月は4月19日、その次の日曜日が4月21日、この日がイースターとなります。

その年の満月の時期により日付が変わるので、3月22日頃~4月25日頃まで1か月程日程に幅があります。

2019年の場合、以下の通りイースター休日となります。

  • 4月19日(金) グッドフライデー Good Friday
  • 4月20日(土) イースターサタデー Easter Saturday
  • 4月21日(日) イースターサンデー Easter Sunday
  • 4月22日(月) イースターマンデー Easter Monday

上記ツイートで、祝日はお店屋さんがお休みと書いていますが、この4日間のうち、金曜と月曜は休みの店が多く、土曜と日曜は営業時間を短縮して営業しているお店が多いです。

ケアンズは観光の街ですので、観光業はほとんど変わらず営業しています。

 

イースターでの風習「エッグハント」

僕らキリスト教徒でもない一般の人たちも行う風習として、「エッグハント」があります。しかし、元々をたどると、何故イースターとエッグが繋がったのは謎だそうです。笑

イースター(復活祭)には、復活祭を祝う為に出される装飾された卵「復活祭の卵」(名前そのまま笑)というのがあり、それにちなんでその卵を庭や室内のあらゆる場所に隠し、子供たちがそれを探す遊びが行われます。

卵の代わりにカラフルな包装紙に包まれた、卵の形のチョコレートが多く使われます。見つけたチョコレートを食べるために、子供たちは必死に隠されたエッグをハントします。

チョコレートの他にも、グミやアメなどのお菓子や、プラスチック製の卵が使われます。

 

スポンサーリンク

まとめ

もしイースターの時期に観光に来られる際は、是非エッグハントをして、集めたチョコレート食べてみてください。スーパーに山盛りで売られていますので、すぐ見つかります。

キリスト教徒ではない僕たちみたいな人は、ただの休みになりますので、旅行などに行く人も多く各地が賑わいます。都市部は分かりませんが、ケアンズはあまりイベント等がないので、キャンプに行く人が多いです。時期的にも雨期が終わり、涼しくなってきたところなのでちょうど良いです。

ちなみに僕は観光業なので、特にその休みの恩恵は受けられません…笑

しかし、娘とエッグハントをして楽しくすごしました。「ハッピーイースター

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント