【オーストラリア】チップスと言えば何を意味する?

オーストラリア

こんにちは、しーたけです。

 

今日は、「チップス」について書いていきます。

皆さんもチップスと聞いて最初に何を思い浮かべますか?

 

おそらく「ポテトチップス/ポテチ」ではないでしょうか。

僕も完全に「ポテチ」を想像していました。

オーストラリアに来るまでは…

 

スポンサーリンク

オーストラリアでチップスというと

では、オーストラリアで「チップス」というと、何でしょうか?

 

正解は、「ポテトチップス」です。

え?

しーたけ何言うてんの?

ってなりますよね。笑

しーたけ
しーたけ

まぁまぁその気持ちは分かるけど、続きがあんねんって

実は、「ポテトチップス」以外にもチップスと呼ばれるものがあるのです。

ちなみにポテトチップスはチップスもしくはチッピーと言います。

チッピーは主に子供に対して言うことが多いです。

 

それは、「フライドポテト」です。

そうなんです。オーストラリアでフライドポテトのこともチップスと呼ぶのです。

 

まとめると以下になります。

  • ポテトチップス(Potato Chips) → チップス(Chips)、チッピー(Chippy)
  • フライドポテト(Fried Potato) → チップス(Chips)

 

不思議に思うかもしれませんが、「フィッシュ&チップス」ならどうでしょう?

聞き覚えのある人も多いでしょう。これはイギリスの代表的なファストフードで、オーストラリアでもとても人気の料理の一つです。

フィッシュ&チップス

フィッシュは、小麦粉を卵と水で溶いたものをつけて衣にして揚げたもので、フライドポテトと共に食べます。

タルタルソースやサラダがついている場合もあります。とても美味しいのでぜひ食べてみてください!!

 

イギリスでは?

では、イギリスではどうでしょうか?オーストラリアは元々イギリスの植民地でしたね。

ということは、もちろん同じ…

ではないんですね。笑

イギリスではこの様になります。

  • ポテトチップス(Potato Chips) → クリスプス(Crisps)
  • フライドポテト(Fried Potato) → チップス(Chips)

え~まさかのポテチの方が呼び方違うんかいっ!!

ってなりますよね。笑

何故イギリス英語のオーストラリアがこの呼び方を引き継がなかったのは不思議ですね。

 

アメリカでは?

では一方、アメリカではどうでしょうか?

早速見ていきましょう。

  • ポテトチップス(Potato Chips) → チップス(Chips)
  • フライドポテト(Fried Potato) → フレンチフライズ(French Fries)、フライズ(Fries)

と、呼ばれており、日本はアメリカ英語が基本なのでおそらく一番親しみやすいのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

じゃあ、ポテトウェッジは?

ポテトウェッジ

気になった方もいるでしょう。

ポテトウェッジはそれぞれ何て呼ぶのでしょうか?

ポテトウェッジとは

普通のフライドポテトより大きいカット(リンゴの様な切り方)で、皮がそのままついた状態揚げたもの。

サワークリームとスイートチリソースをつけて食べます。こちらも絶品ですので、是非お試しあれ。

 

ではそれぞれ以下の通りです。

  • オーストラリア → ポテトウェッジズ(Potato Wedges)、チップス(Chips)
  • イギリス → ポテトウェッジズ(Potato Wedges)
  • アメリカ →  ポテトウェッジズ(Potato Wedges)

全てのところでポテトウェッジと呼ばれていますね。

オーストラリアではウェッジのこともチップスと言う人もいます。

もしかしたら、僕みたいにネイティブではない人に対して「Wedges」ではなく「Chips」と分かりやすい表現をしてくれているだけかもしれません。

※またアメリカのごく一部でジョジョズ(Jo-jos)と呼ぶ地域があるそうですが、調理方法が違いますので、厳密にはフライドポテトの意味でのポテトウェッジとは違いますのでここでは割愛しています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

他にも細かくみていくと、国ごとに色んな「チップス」の意味があるかも知れませんが、

今回は、オーストラリア、イギリス、アメリカの3国を比べてみました。

オーストラリアは、全部「チップス」と呼んだりしますので、状況によって聞き分けなければなりません。

また、オーストラリアには美味しい「チップス」がたくさんありますので、また別の機会にご紹介できればと思います。

ここでは「ポテトチップス」の意味ですよ。笑

 

しーたけでした。では、また。

コメント