【こどもの日】オーストラリアにもこどもの日はある?

オーストラリア

 

こんにちは、しーたけです。

今日は、日本の子供の日にちなんで、オーストラリアの子供の日について書いていきます。

子供の日の本日、パパママの皆様はお子さんとお出かけしましたか?

もしくはGW終盤ということで、旅行先からUターンラッシュに巻き込まれていたりするかもしれませんね。

スポンサーリンク

日本のこどもの日

今日は日本のこどもの日なので、今日は元々何の日かを見ていきましょう。

こどもの日(こどものひ)とは、日本における国民の祝日の一つで、端午の節句である5月5日に制定されている。
祝日法2条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨である。1948年7月20日の祝日法の公布および即日施行により制定。ゴールデンウィークを構成する日の一つである。

ウィキペディア

そうです。祝日ですね。

GW最終日のイメージが大きいのではないでしょうか?

また、5月5日は端午の節句で、鯉のぼりや男の子にカブトをかぶせる風習がありますよね。

別名菖蒲の節句と呼ばれることもあるそう。

詳しくはウィキペディア→端午

 

オーストラリアの子供の日(Children’s day)

次に、オーストラリアには子供の日はあるのだろうか?

疑問に思ったので、調べてみました。

するとオーストラリアでは、10月23日」が子供の日だそうです。(毎年10月第4水曜)

この日を含む10月第4週を国際こどもの週と設定しており、子供時代を楽しむための子供の権利を祝い、子供たちが自分の才能・技能・能力を延ばすことを目的にしているとのこと。

しかし、特に祝日には設定されていません。

オーストラリアの祝日についての記事はこちら

僕自身、今回日本のこどもの日にちなんで調べてみたところ、

このオーストラリアにも子供の日があることを初めて知りました。

世界的にも子供の日があるようですが、2種類のこどもの日があります。

 

国際子供の日(International Children’s day)

本を読む子供たち

他にも世界的に定められている子供の日があり、その一つが国際子供の日です。

「国際子供の日」は6月1日です。

元々の起源は、1920年にトルコが4月23日を国家主権と子供の日と制定、その後の1925年にジュネーブの子供の福祉世界会議で国際子供の日が制定されたみたいです。

 

世界こどもの日(Universal Children’s day)

もう一つのこどもの日として、世界こどもの日があります。

11月20日が「世界こどもの日」とされています。

制定されたのは1954年12月14日で、国連総会が全ての加盟国に対して制定するように勧告し、

子供たちの相互理解と福祉を増進させることを目的として制定された記念日だそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

日本のこどもの日、オーストラリアのこどもの日についてみてきました。

さらには、世界には2種類の子供の日があり、それぞれ

  • 6月1日 「国際子供の日」
  • 11月20日 「世界こどもの日」

国際子供の日を子供の日としている国は多数(45か国)ありますが、世界こどもの日を子供の日としている国はほとんどありません(4か国)。

制定はされているものの、祝日として設定されてない国もあるようです。

オーストラリアもその一つですね。

そして、オーストラリアの様に自由に日にちを決めている国も多くあります。

逆に子供の日を特に制定していない国もあります。

アメリカ合衆国・イギリス・フランスこの3国は制定されてないようです

国ごとに自由に設定できるみたいですね。

面白いですね。この様に世界の子供の日も見てきました。

皆様も本日のこどもの日は充実した1日だったでしょうか?

僕にとってはいつも通りの日曜だったので、仕事をして過ごしていました。

しかし、オーストラリアは明日、8時間労働の日(レイバーデー/Labour Day)なので祝日です。

明日娘といっぱい遊ぼうと思います。

 

しーたけでした。では、また。

コメント